医用情報通信研究室が創生する未来

top_eyecatch01
本研究室では、情報通信技術と医療・医学との融合による新しいワイヤレス医療ヘルスケアの創生を目指します。具体的には、Body Area Network (BAN)をもちいた医療・ヘルスケア・介護クラウドシステム。生体センサシステムによる医療・ヘルスケアシステム及び多機能ウェアラブルバイタルセンサとウェアラブルマルチ伝送システムによる新たなる医療・ヘルスケアを実現します。無線通信技術とデータ解析技術を用いて実現される、私たちの未来が、ここから始まります。


配属を考えている学生へのメッセージ

本研究室は新しいワイヤレス医療ヘルスケアの創生のための伝送システムの構築(無線通信技術)と取得された情報を用いた新たなる医療・ヘルスケアへの応用(データ解析技術)に関する研究を行っています。「医療・ヘルスケアの発展に寄与したい」「無線通信技術を用いた研究がしたい」「データ解析で新たなる知見を見つけたい」といった「新しい」未来を創造していく意欲のある学生を広く求めています。

問い合わせ先

本研究室に関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願いします。info(at)mict.info.hiroshima-cu.ac.jp ( (at)を@に置換してください )

主な研究テーマ

ボディエリアネットワークの研究

東芝デベロップメントエンジニアリング(株)殿との共同研究によるSmartBANのデモビデオ
(※脈波伝搬時間を利用した血圧変動常時監視アプリケーションデモのイメージ。実際の医療データとの整合評価は行っていません)

身の回りの各種センサを用いて医療・ヘルスケアサービスを実現するためのシームレスなデータ収集技術としてBody Area Network(BAN)の研究を行っています。BANを利用することで、超小型・超低消費電力のセンサが適材適所に配置され,それらが同期を取りながら無線ネットワークで接続することができるため、Quality of Life (QoL)の向上が期待できます。成果の1つとして、欧州電気通信標準化機構(ETSI)において次世代BAN規格であるSmartBANの物理層、MAC層規格について、研究成果の技術提案と標準化を参加各社と連携して主導的に行いました。

 

複数のセンサによる分散センシング技術
分散センシング技術

手軽に個人の生活、健康状態を計測し、生体情報をはじめとする計測データを統合的に処理し、有意の情報をユーザにフィードバックできるウェアラブルデバイスが注目されています。とくに、複数のセンサノードで計測した生体情報を無線経由でハブに集約するBAN技術を研究しています。これにより、心電、脈波などの生体情報をそれぞれ適する部位で取得する分散センシングを実現します。

 

超小型・省電力・無意識センサの研究
超ウェアラブルセンサ

身に着けたり、身の回りに存在する多様な機器(Things)を無意識生体情報センサとし、生体・環境・行動情報の収集する超ウェアラブルセンサの技術開発構想に基づいたセンサ研究を行っています。従来の身に着けるウェアラブルデバイスに加え、ユーザーが近づいたり接触したりする多様なセンサーを含み、このような次世代のセンサによる新たなる医療を実現します。

 

診療データに基づく傷病の解析
診療データ解析

マルチメディアデータの解析に用いられるような様々なデータ解析技術を用いて医療現場から得られる膨大な量の診療データを解析し、新たなる知見を発見します。発見された知見に基づいて従来の診察・診断の補助を行うことでこれまで発見や治療が困難であった傷病や疾患の早期発見、早期治療の実現を目指します。